西宮インプラントオフィス|TOPページ » 近年のインプラント事情

知っておきたいインプラント事情

近年、歯科技術の発達により、安心して多くの人がインプラントを受けられるようになりました。

まったく歯のないところに見た目も噛み心地も本物の歯に近い人工歯を入れるインプラント。1980年代に日本に導入された技術であり、現在では最先端の医療技術として多くの注目を集め、多くの人がその恩恵を受けています。当初は回復できるのが「噛む」という機能性だけでしたが、現代では当たり前のように「見た目が自然」といった審美性も取り戻せるようになりました。また、以前は顎の骨が足りない場合には治療をあきらめざるを得なかったのに対し、特殊な治療で骨を再生させ骨量の増大を促すことにより、顎の骨が足りない場合でもインプラントの植立が可能になってきています。

西宮インプラントオフィスでは、顎の骨を再生・増大させる特殊な治療にも対応しています。それぞれの治療の簡単な特徴と料金についてはこちら

インプラントについてのご相談・お問い合わせはこちら

すべての歯を補うインプラント総入れ歯に代わる治療法「オールオン4」