西宮インプラントオフィス|TOPページ » インプラント基礎知識

基礎知識を知っておこう

インプラントのメリット

メリット
  • 本物の歯と同程度の噛み心地を得られる
  • 本物の歯とほぼ同様の見た目が実現できる
  • メンテナンスにより安定した噛み合わせを長期間にわたり保つことができる
  • 失った歯が多くても治療が可能
  • 噛んだときの刺激が伝わるため顎の骨がやせない
  • 周囲の歯にダメージを与えない
デメリット
  • 治療費が高額
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 治療を受けられないケースがある(全身疾患があるなどの場合)

インプラントの手術方法

インプラント治療には、外科手術を1回だけ行う「1回法」と、2回行う「2回法」があります。

1回法 2回法

歯ぐきを切開して顎の骨に穴をあけ、インプラントの頭部を露出させた状態で埋め込みます(一次手術)。

インプラントと顎の骨の結合を待ちます。
※この間仮歯を装着します。

人工歯を取り付けて完了です。

歯ぐきを切開して顎の骨に穴をあけ、インプラントを埋め込みます(一次手術)。

インプラントと顎の骨の結合を待ちます。

再度歯ぐきを切開し、インプラントと人工歯をつなぐ接続部を取り付けます(二次手術)。

歯ぐきの治癒を待ちます。
※この間仮歯を装着します。

人工歯を取り付けて完了です。

西宮インプラントオフィスでは、1回法と2回法の両方に対応しています。
>> 全体の治療の流れについてくわしくはこちら

インプラントのメンテナンス

インプラントは、自分の歯とほぼ同程度まで噛めるようになる大変優れた治療法ですが、それを長期間維持できるかどうかはメンテナンス次第。インプラントで入れた人工歯は虫歯になりませんが、メンテナンスを怠るとインプラントと人工歯の間にある連結部分に汚れが溜まり、歯周病と同様の病気「インプラント周囲炎」になってしまうことがあるのです。インプラント周囲炎になると、歯ぐきが後退し、顎の骨が溶け、インプラントを支えられなくなり、最悪の場合せっかく埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまいます。

メンテナンスに難しいものはありません。これまでと同様、毎食後の丁寧なブラッシングと歯科医院での定期検診だけ。インプラントを長期間使い続けるためにも、メンテナンスに取り組みましょう。

「インプラントにしてよかった!」実際の事例紹介(患者様の喜びの声)はこちら

インプラントについてのご相談・お問い合わせはこちら

すべての歯を補うインプラント総入れ歯に代わる治療法「オールオン4」