西宮インプラントオフィス|TOPページ » インプラントとは?

優れた治療「インプラント」

インプラントとは、虫歯や歯周病、あるいは怪我などのアクシデントによって失ってしまった歯を補う治療法のひとつです。

下の図のように、歯を失った部分の顎の骨に、外科手術によってチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、それを土台として上に人工歯(上部構造)を取り付けて歯の機能を取り戻します。

歯のない状態・入工歯根殖立・上部構造完成

これまでは「入れ歯」が一般的でしたが、入れ歯は、

・装置によっては目立ってしまう・硬い物が思い切り噛めないことがある・ずれてしまうことがある・取り外してお手入れをする必要がある

など、いくつかのデメリットがありました。インプラントは、そうしたデメリットを払拭した治療です。外科手術を伴い治療期間も長くなりますが、自然な見た目と噛み心地が得られます。丁寧なブラッシングと歯科医院での定期検診を継続することで長期にわたって使用でき、食事や会話を楽しめます。そのうえ、周りの歯に負担をかけることがないため、今残っている歯を守ることにもつながります。
>> メンテナンスはなぜ必要?

自然な見た目を実現する素材「セラミック」

インプラントで入れる人工歯の素材には、セラミックが使われます。セラミックは本物の歯と同等の透明感や色調、硬度を持ち合わせている歯科素材。経年劣化もさほど見られないため、長期にわたって自然な見た目を再現します。もちろん、金属を含んでいないため、金属アレルギーの心配もありません。

チタン製の安全性

「身体にチタンを埋めて大丈夫?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。チタンは生体親和性が高く、身体にやさしい素材。もちろん、人体には無害です。顎の骨と強固に結合する特性があるため、インプラントの素材として広く活用されています。チタンのおかげで身体に害がなく、ずれない・外れない噛み心地が実現するのです。

近年のインプラント事情についてはこちら

もっとインプラントについてくわしく知りたい方はこちら。インプラントの基礎情報

すべての歯を補うインプラント総入れ歯に代わる治療法「オールオン4」