西宮インプラントオフィス|TOPページ » 治療の流れ

インプラント治療の流れ

こちらでは、当院の基本的なインプラント治療の流れをご紹介します。インプラント治療は一度の手術で終わるわけではなく、手術後の治癒期間、仮歯の作製など、いくつかのステップがあります。当院では、精密な診査・診断により安全性を高め、治療後の快適な生活をお約束します。

なお、西宮インプラントオフィスでは1回法と2回法の両方に対応。患者様の口腔内の状態によって使い分けています。

1.診断・診察

インプラントを埋め込む予定の顎の骨の量や質、形を診査するため、お口の中の型を採ります。その後、レントゲン撮影とCT撮影を行います(当院では、ほぼすべての患者様を対象にCT撮影を行っています)。

CT上でのシミュレーション

CT画像上でインプラント埋め込み計画を立案します。

>> CTについてくわしくはこちら

2.一次手術

麻酔後に骨を削りインプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜(歯ぐき)を閉じます。1回法の手術の場合は大きめの蓋を取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了し、二次手術は行いません。

3. 二次手術

2回法を選択した場合には、治癒期間終了後に粘膜を再度切開し、大きい蓋(接続部)を取り付ける二次手術を行います(1回法の場合には不要です)。

4.仮歯装着

歯ぐきが治癒したところで仮歯を作製し、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。噛み合わせに違和感があればお気軽にご相談ください。本歯の作製に活かします。

5.最終的な人工歯の装着

最終的な本歯用の型を採り、歯並びや色もチェックし、仮歯の装着で得たデータをもとに作製した本歯を装着し、治療完了です。

6.メンテナンス

治療が終わった後も、毎食後の丁寧なブラッシングと歯科医院での定期検診できちんと管理していきましょう。