西宮インプラントオフィス|TOPページ » 重度の歯周病ですがインプラント治療は可能?

治療後の痛みやぐらつきについてのお悩み事例

ちゃんと噛めないくらい歯周病が進んでいます。入れ歯にはしたくないのですが、インプラント治療は可能ですか?

重度の歯周病にかかっており、顎の骨が痩せて厚みがなくなっている場合は、インプラントを埋入するだけの骨が不足する場合があります。そのため、まずは歯周病の治療、および骨の造成をしてからインプラント治療を行う必要があります。また、歯周病は口腔内の一部だけに起こるものではないため、歯周病にかかっている場合はお口全体の検査・治療が必要です。

なお、インプラント埋入後にインプラント周囲の組織が歯周病菌に感染すると、「インプラント周囲炎」という歯周病に似た症状を引き起こしてしまいます。インプラント周囲炎になると、せっかくのインプラントが抜けてしまうこともありますので、治療後も適切なケアを続けましょう。

インプラント保証についてくわしくはこちら

インプラント治療後のお悩みについては、お気軽にご相談ください