西宮インプラントオフィス|TOPページ » 金属アレルギーは大丈夫?

インプラントで金属アレルギーになることはないの?

インプラントは金属製の人工歯根を使うとのことですが、金属アレルギーになることはないのでしょうか?

金属アレルギーは、唾液などで溶け出した金属イオンが体内に入り込むことで起こります。アレルギーを起こすことで知られる金属として挙げられるのは、ニッケルやクロム、銀、パラジウム、水銀などです。

インプラントに使用されている金属は、安全性が高いことで知られる「チタン」です。チタンはインプラントのほかにも、整形外科で骨の固定器具に使用されており、人体に悪影響を与えないことで知られています。実際、チタンによるアレルギーはほとんど報告されていませんので、ご安心ください。ただし、ごく稀にチタンによってアレルギー症状が起こってしまう体質の方もいますので、不安があれば事前に皮膚科で金属アレルギーのパッチテストを受けておくことをおすすめします。

なお、薬品によるアレルギーを心配される患者様もいらっしゃいますが、インプラント治療に用いられるのは麻酔薬のほかは抗生物質と消炎鎮痛剤のみです。もし不安がある場合はアレルギーの出にくい薬剤に変更することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

インプラント保証についてくわしくはこちら

インプラント治療後のお悩みについては、お気軽にご相談ください