西宮インプラントオフィス|TOPページ » 入れ歯、またはブリッジからのインプラント

どの補綴治療が最適なのかについてのお悩み事例

抜いた歯を補う3つの治療法を提案されて・・・

5~6年前に右下の奥歯が虫歯になって差し歯にしました。1ヶ月ほど前から同じ場所がうずいて、歯みがきのときに歯ぐきから血が出ていたので、歯医者さんに行ったところ、虫歯が再発したとのこと。もうほとんど削るところがないし、抜くしかないと先生に言われました。抜いた後は入れ歯かブリッジかインプラントがありますと言われたのですが、このような場合、どの治療を選択すればいいのでしょうか?

インプラントがおすすめです

まずは、それぞれの治療のメリット・デメリットをしっかりと理解する必要があります。

入れ歯は安価で短期間で治療が終わりますが、見た目や噛み心地に不具合が出る場合があります。また、外してのお手入れも必要になります。

ブリッジは本物の歯に近い見た目や噛み心地が回復しますが、支えにするために残った歯を削らなくてはなりません。

インプラントは高額で治療期間が長くなりますが、自然な見た目と噛み心地を取り戻せ、どれが人工歯かわからないほどの仕上がりを実現します。

歯は一生使う大事なものです。生涯にわたって快適に使い続けられることを考慮すると、治療費はかかるものの、インプラントがおすすめと言えます。

近年のインプラント事情についてはこちら

もっとインプラントについてくわしく知りたい方はこちら。インプラントの基礎情報